加工プロセス−タイトル
概要
加工プロセス−パワーポイント

 社会基盤材料である鉄鋼、アルミニウム合金、マグネシウム合金やチタン合金等の実用金属材料に関し、相変態・析出・再結晶と塑性変形との関係に関する基礎知識の理解の下に、加工熱処理を駆使したミクロから原子レベルでの微細組織制御により、強度・延性、靭性、長寿命性の超高次化と超塑性、形状記憶・超弾性等の新機能性の発現と高次化のための材料加工プロセス技術と科学とを構築することを目的に活動する。


他分野(サブグループ)との連携に期待すること

 他の各サブグループが保有する材料特性を制御する加工プロセス技術と当サブグループの保有する材料技術との融合を図るとともに、当サブグループで保有する材料加工プロセス技術を他のサブグループへ展開する。



メニューが表示されない場合はココをクリックして下さい.